公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
注文住宅のトラブル事例6

地盤調査をせず、あとから追加費用が発生してトラブルに。

当初2,900万円で契約し、その後追加変更などで3,300万円の工事金額になった。さらに、地盤調査を行った結果、地盤補強で100万円の追加が必要となり、建築主から「後出し見積りは不誠実だ、納得できない」とクレームを受けた。

ポイント地盤調査による変更の可能性

地盤調査の結果を反映して、基礎の設計をするのが基本です。地盤調査をせずに基礎の設計をして、のちに設計変更になると、設計ミスによる責任を問われるおそれもありますので注意しましょう。敷地に既存建物があるなど地盤調査ができない場合は、調査の結果次第で基礎の設計に変更が生じて、工事費に影響することがあり得る旨を建築主に事前に説明し、書面に残しておくことが必要です。併せて変更が生じた場合にかかる金額の目安も伝えておきましょう。

その他のトラブル

注文住宅のトラブル事例5

建築主から第三者によるチェックを要望されている。

詳しく見る
注文住宅のトラブル事例7

設計図や仕様書なしで契約し、追加料金が発生したが、拒否された。

詳しく見る