トップページ よくあるご相談 一覧 外壁材に隙間。雨漏りの原因になるのでは?

外壁材に隙間。雨漏りの原因になるのでは?

                          
  • 新築工事
  • 戸建
  • 請負契約
  • ひび割れ(キズ・欠け)
  • 変形(隙間)
  • 品確法・履行法に関する相談
  • 建築技術に関する相談
  • 外壁
  • 修補(補修)
外壁のサイディングのシーリングが剥がれ、隙間ができています。雨漏りが心配です。防水に問題は無いでしょうか?

シーリングが剥がれたからと言って、直ちに雨漏りが生じるものではありませんが、今後、雨漏りが生じないとも言えないので早期に補修する必要があります。

室内に雨漏りが生じているかを確認

外壁のサイディングの下には防水シートがあるので、すぐに雨漏りする可能性は低いと思われますが、まずは室内に雨漏りが生じているかどうか、住宅の引渡しを受けた事業者に確認してもらいましょう。その結果次第で、シーリングの剥がれた部分だけを補修すればいいのか、その下地まで補修する必要があるのか、補修方法が変わってきます。

室内に雨漏りが生じているかどうか

調査の結果、室内に雨漏りが生じていた場合、住宅品質確保促進法(品確法)により、雨水の浸入を防止する部分の瑕疵として、10年間の補修義務が事業者には生じます。室内に雨漏りが生じていない場合は、契約書で定めた保証内容によります。この場合、保証期間を過ぎていれば有償で対応すると言われる場合もありますが、今後、雨漏りが生じないとも言えませんので、補修は必要だと思われます。

調査・補修依頼の前に資料の準備を

不具合の状況やトラブルの経緯がわかる、以下のような資料を事前にできる限り用意しておきましょう。

  • 不具合の発生時期や進行状況などがわかる資料や写真など
  • 新築時の契約内容がわかる書類など

参考になりましたか?

チャットでご相談

チャットサポート