トップページ よくあるご相談 一覧 訪問販売業者と契約したリフォーム工事。やり直し?返金要求?

訪問販売業者と契約したリフォーム工事。やり直し?返金要求?

                                         
  • リフォーム工事
  • 戸建
  • 請負契約
  • 雨漏り
  • ひび割れ(キズ・欠け)
  • 変形(隙間)
  • 契約に関する相談
  • 外壁
  • 不具合部位なし
  • 修補(補修)
  • 契約解消
  • 訪問販売
  • クーリング・オフ
訪問販売業者と契約したリフォーム工事の終了直後からトラブルが続発しています。リフォーム工事が酷く、「やり直してほしい」と伝えましたが無視されています。
やり直しをさせるか、代金を取り戻す方法はあるでしょうか?

できれば不具合個所を専門家に見てもらい評価してもらいましょう。クーリングオフができる可能性もあるかもしれません。公的機関の相談窓口や法律相談を利用して法律に基づく対応方法を早急に確認しましょう。

訪問販売業者との契約書の確認

今後、契約内容に基づいて、保証期間内に補修請求していくことになりますが、相談者の求めに応じ、すぐに補修してくれるとは考え難い状況です。期間の問題もありますので、不具合の発生個所や時期、補修請求した日などの経緯が分かるよう書面(FAX、メールを含む)等で補修の依頼を行った方がいいでしょう。

特定商取引法や消費者契約法が適用されるケースも

訪問販売業者との契約を解除したいと考えている場合は、リフォーム工事のやり直し費用等の検討もしていかなくてはなりません。この場合、訪問販売によるリフォーム工事の契約は、特定商取引法が適用され、クーリングオフにより支払った代金の返還と実施済みのリフォーム工事の原状回復を請求できる場合があります。また消費者契約法に基づいて、勧誘時に虚偽の説明による「不実告知」や故意に事実を告げなかったことにより誤認して契約したことなどを理由に、契約の申込みを取消すことができる場合もあります。

公的な相談窓口や弁護士による法律相談の利用を

損害賠償請求や契約の解除、クーリングオフの可否など、時間的な制約もありますので、速やかに地方公共団体や消費生活センターの相談窓口を利用したり、弁護士による法律相談を受けたりすることをおすすめします。

調査・補修依頼の前に資料の準備を

不具合の状況やトラブルの経緯がわかる、以下のような資料を事前にできる限り用意しておきましょう。

  • 不具合の発生時期や進行状況などがわかる資料や写真など
  • 契約内容がわかる書類など

参考になりましたか?

チャットでご相談

チャットサポート