トップページ リフォームに関する相談 見積事例(戸建) 温水式(ガス式)床暖房の敷設

温水式(ガス式)床暖房の敷設

工事の概要

床面積 26.4㎡(16畳)
床暖房敷設 敷設率30%

居間と台所に温水式床暖房システムを設置。熱源機は暖房専用機を取り付ける。床材は床暖房対応のフローリングに張り替える。

温水式(ガス式)床暖房の敷設工事 見積明細書

名称 規格・仕様 数量 単位 単価 金額
1.解体工事                  
木製幅木撤去   手間 25.4 m 244 332 6,209 8,435
フローリング撤去   手間 26.4 815 1,107 21,511 29,225
床組(根太)撤去   手間 26.4 733 996 19,360 26,302
1.解体工事 小計             47,080 63,962
2.木工事・内装工事                  
床組 根太 米ツガ ピッチ@300㎜ 材工共 26.4 1,369 1,860 36,139 49,097
断熱材床 硬質ポリウレタンフォーム 厚30㎜ 材工共 26.4 1,206 1,638 31,836 43,253
床下地張り 捨張り用 ラワン合板2類 厚12㎜ 材工共 26.4 1,768 2,402 46,679 63,418
フローリング 床暖房対応 WPC床材 厚12×303×1818㎜
大建工業 エクオスロッゾ同等品
材料費 8 17,472 21,504 139,776 172,032
フローリング張り   手間 26.4 1,467 1,993 38,720 52,604
木製幅木 米ツガ無節 高60㎜ 材工共 25.4 m 1,279 1,738 32,493 44,145
2.木工事・内装工事 小計             325,643 424,549
3.ガス工事                  
熱源機 暖房専用熱源機 材料費 1 52,598 64,736 52,598 64,736
据置台   材料費 1 9,737 11,984 9,737 11,984
温水マット 5.5×2121×2682㎜ 材料費 1 44,863 55,216 44,863 55,216
温水マット 5.5×909×1773㎜ 材料費 1 20,930 25,760 20,930 25,760
コントローラー   材料費 2 8,918 10,976 17,836 21,952
熱源機廻り工事   手間 1 28,545 38,000 28,545 38,000
ヘッダー廻り工事   手間 1 32,301 43,000 32,301 43,000
温水配管工事 熱源機から 手間 2 系統 15,024 20,000 30,048 40,000
温水マット敷き工事 2カ所 手間 2 カ所 22,536 30,000 45,072 60,000
システムコントローラ取付け 2カ所 手間 1 9,014 12,000 9,014 12,000
ガス工事 分岐工事 手間 1 22,536 30,000 22,536 30,000
試運転調整費   手間 1 27,043 36,000 27,043 36,000
3.ガス工事 小計             340,524 438,648
4.水道工事                  
給水工事  熱源機まで(一次側) 材工共 1 11,268 15,000 11,268 15,000
4.水道工事 小計             11,268 15,000
5.電気工事                  
コンセント新設 熱源機用 材工共 1 カ所 12,996 20,000 12,996 20,000
5.電気工事 小計             12,996 20,000
合計               737,511 962,159
諸経費               147,502 192,432
総計               885,013 1,154,591

 

※運搬搬入費、養生費、処分費は別途。
*WPC床材とは、材料となる木材にプラスチックを注入・充填し、硬化させた床材。表面が硬く、傷がつきにくい。

注意点

  1. 本見積事例は、モデル住宅のリフォーム内容・仕様に基づき、標準的に必要と思われる項目を拾い出したものです。お住まいの住宅とは同じではありませんから、ご注意ください。
  2. 下地補修工事、大型設備の運搬搬入費等は、お住まいの住宅の規模や劣化状況、敷地状況等によって費用が大きく変わってくるため、上記見積りには含んでおりませんので、ご注意ください。工事途中で追加工事、追加費用の発生によるトラブルを避けるため、必要な項目がすべて入っているか、また契約の際には、解体して初めて判明するような予測不能な場合への対応方法等につき、約定しておくことが重要です。
  3. 外部足場の計上の仕方は、工事内容や敷地状況などによって異なりますので、ご注意ください。
  4. 本見積事例では、室内養生費を簡易養生として計上しています。計上の仕方は工事箇所や規模、内容によって異なりますので、ご注意ください。
  5. 本見積事例では、工事費合計の20%を諸経費として計上しています。計上の仕方は施工会社によって異なりますので、ご注意ください。
  6. 本見積事例は、一般財団法人 経済調査会発行の「積算資料ポケット版」を参考に作成しています。金額は、資材のグレード、事業者の仕入れ価格等により異なりますので、あくまで参考、めやすとしてお考えください。
  7. 本見積事例における材料・機器等の仕様は、リフォームにおいて一般的に使用される普及品程度を想定しています。
チャットでご相談

チャットサポート